So-net無料ブログ作成
テニス ブログトップ

錦織圭世界ランク2位下す! [テニス]

進化する錦織

テニスのマドリード・オープンは9日、マドリードで行われ、男子シングルス3回戦で第14シードの錦織圭(日 清食品)が世界ランキング2位で第2シードのロジャー・フェデラー(スイス)を6―4、1―6、6―2で破り、準々決勝に進んだ。
 
試合で錦織は、第1セットの5ゲーム目にフェデラーからブレークを奪い、6-4でセットを先取する。

 その後フェデラーは自分のいつものテンポを取り戻したかのように見え、ダブルブレークに成功すると6-1で第2セットを制した。

 しかし第3セットでは錦織がフェデラーを圧倒。フェデラーのサーブをブレークして3―1とリード。最終ゲームをブレークして勝利を飾り、ベスト8進出を決めた。

錦織はこれまでに2011年決勝で、フェデラーと1度だけ対戦し、ストレートで敗れていた。 

 「フェデラーは自分にとって憧れの選手。彼を倒すことが僕の目標だった。あまり得意ではないクレーコートで勝てたことが嬉しい」と語った。

 離脱を経て、今大会から復帰を果たしたフェデラーは、「今日の試合には落胆している。錦織のほうが良いプレーをした。強かった方が勝った」とコメントした。

準々決勝で錦織はスペインのパブロ・アンドゥハルと対戦する。

錦織圭         (世界ランク16位)
ロジャー・フェデラー (世界ランク2位)

日本人選手が活躍するとうれしいですね。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ
テニス ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます