So-net無料ブログ作成

特報「入院した時、二次感染をふせげ!!」 [病気]

病院入院への注意(実話)

病院に入院するときは、注意をはらってください。病院には薬があまりきかない院滞菌(いんたいきん)と呼ばれる菌が潜んでいて、抵抗力がある人は移っても治りやすいのですが、脳梗塞や心筋梗塞みたいな重度の病気で入院すると、その人はかなり抵抗力がおちていて、移るとだいたい肺炎にかかり死に至ります。

肺炎での死因が多いみたいです。だからもし、そういった人が身内・友人・死んで欲しくない人がいたなら、集中治療室にいれてもらって、面会謝絶(ある程度体力がもどるまで)にしてください。看護婦・主治医さんにもかなり気をつってもらい、その患者を診てもらうときは、こまめに手を消毒してから見てもらうとか、院内に住むいろんな強力な菌から身を守る処置(体制)でかまえることが、二次感染での致死率を防げます。

このことは、お医者さんなら知ってることですが、なにせ見えないものですから、菌がうつって病気にならないと処置はしません。(一般人には知ることのない事実です。)

財界や大物人物または大物政治家などが入院した場合は、当然お医者さんは知ってますので、二次感染を防ぐために、集中治療室で面会謝絶(一定期間)の処置をおこないます。

このように この話は「みなさんに知っていてほしい」「助けてほしい」と思う、個人的見解ですが、私自信、医学のことが未熟で、自分の父親を「助けられたのに 助けられなかった」という、後悔しても悔やみきれない経験をしたことで、今後みなさんのお役に立てたらという話です。

院滞菌もしくは滞院菌これは ほとんどあきらかにされてない事実でネットで調べてもでてこないかも。

院滞菌もしくは滞院菌
「病院内にひそむ菌で、いろんな病気に対して薬でなおす。死滅してない菌がその薬が効かないようにと進化する。だんだん薬が効かない菌が増える。(院内で)」(個人的見解)。

もし この文章をお医者さんがみたときは、世の中に暴露し 伝えてください。

私たち一般人も死ななくていい病気(院内感染二次感染)で死ぬことは少なくなると、思います。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます